レーザー治療

今や当たり前となっているレーザーでのさまざまな治療。
一口にレーザーとは言っても、たとえば皮膚科でよく見られる赤い暖かい光のレーザーや、脱毛をするときに使われるレーザーなどさまざまですよね。

 

このレーザーを利用して、タトゥー(刺青)の除去ができることをご存知でしょうか?

 

タトゥーというのは肌に傷をつけて着色していくもので、人によってはかなりの痛みを伴いますが、半永久的に肌に残り続けていきます。
タトゥーが完成した当初はやはりカッコ良さや独特の嬉しさなどがあるかもしれませんが、年齢を重ねるにつれてそのタトゥーの存在が疎ましく思えてしまうことも。

 

たとえば、結婚相手ができたときやお子さんができたとき、タトゥーをカッコ良いと思ってくれるような相手なら良いものの、そうでない方も多いのが実情です。
また、一般的には温泉や銭湯といった大衆浴場では、タトゥー(刺青)をしている方の入浴はお断りという場合がほとんど。
お子さんをプールに連れていくこともままならないため、タトゥーを消したいと後悔する方も非常に多いのです。

 

そんな時に、美容形成外科や美容クリニックで多く利用されるのが「レーザー」でのタトゥー除去なのです。

 

タトゥー除去に使用されるレーザーですが、タトゥー除去方法としては最も傷痕が残りにくく、痛みも少ない方法として人気となっています。

 

【参考URL:http://www.s-b-c.net/contents/laser_tatoo_laser.html】
【参考URL:http://www.takasu.co.jp/operation/irezumi/irezumi_photo.html】

 

除去したいタトゥーの大きさ・濃さ(彫ってある傷の深さ)・色などによってレーザーでの施術が可能がどうかは変わりますが、
ただ、最も時間がかかってしまうのもレーザーでのタトゥー除去です。

 

一度のレーザー施術できれいにタトゥーが消えてしまう!ということは多くありませんが、だいたい1ヶ月半〜2ヶ月ほどのサイクルでレーザーを照射し続ければタトゥーは薄くなり、数回でほとんどタトゥーの痕はわからなくなります。
切開や剥削(皮膚を削り取る)などはやはり大きな傷が残ってしまうため、時間がかかったとしても肌への負担や痛みを少なくしたいという方は、このレーザーによるタトゥー除去がおすすめです。

 

タトゥー除去を行っている美容クリニックでは、ほとんどのクリニックでこのレーザー除去を行っています。
ただ、タトゥーの深さやレーザーが反応しやすい色などによってレーザーでのタトゥー除去ができないという場合もありますので、しっかりとカウンセリングを。

口コミ