法律面

全身にびっしりと刻み込まれたタトゥー(刺青)って、いざ見るととてもインパクトが大きくて驚いてしまうことがありますよね。
特に年齢を重ねた方がタトゥーを見ると、やはり良いイメージを持たれるということはあまりありません。

タトゥー(刺青)をしていることでマイナスなイメージを持たれることが多いようですが、では実際のところ「法律面」に関してはどうでしょうか?


syosai_btn

文化面

肌に傷をつけ、そこへさまざまな色の色素で着色して描いていくタトゥー(刺青)。
今でこそファッションとして若者が軽い気持ちでタトゥーを肌に施すということが広まっていますが、以前はどうだったのでしょうか?

そもそもタトゥー(刺青)を施すことというのはなんと5000年も前から行われていたようで、その目的は世界各国によって本当にさまざま。
たとえば、古代の外国にあった奴隷制度の中でも、奴隷を管理するために焼印を押し付けるということが見られますが、それと同様に奴隷や個体識別のためにタトゥーをしていたということもあります。


syosai_btn

ニュース

「カッコいい!」という単純な憧れからタトゥー(刺青)を入れてしまう若者がとても多くなっています。
タトゥーを体に刻むということは痛みを伴いますし、費用もかかる、そして半永久的に消えることなく残り続けるのです。

それでもタトゥーをしたいと望む方は多く、そのぶん多くのタトゥーにまつわるトラブルが発生しているのも事実なんです。
ここでは、タトゥー(刺青)に関するニュース・実際にあった出来事をご紹介していきます。


syosai_btn