ニュース

「カッコいい!」という単純な憧れからタトゥー(刺青)を入れてしまう若者がとても多くなっています。
タトゥーを体に刻むということは痛みを伴いますし、費用もかかる、そして半永久的に消えることなく残り続けるのです。

 

それでもタトゥーをしたいと望む方は多く、そのぶん多くのタトゥーにまつわるトラブルが発生しているのも事実なんです。
ここでは、タトゥー(刺青)に関するニュース・実際にあった出来事をご紹介していきます。

 

イギリスに住む、マリリンモンローの大ファンであるという少女。
彫師に依頼して自らの腕に大好きなマリリンモンローを描いてもらったというのですが、その出来上がりがなんとも「?」という結果に。
マリリンモンローとは程遠く、ただの落書きのように見えるほどの雑な仕上がりだったというのです。

 

後でわかったことですが、この彫師は無資格の彫師であり後に逮捕されたのだそう。
施術をしてもらった彼女も痛みに耐えてタトゥーをしたものの、結局また痛みを伴いながらタトゥーを消していくのだそうです。

 

【参考URL:http://rocketnews24.com/2013/10/14/378051/】

 

タトゥーにまつわるトラブルのニュースとして、上記のような「デザインに関するミス」というのはとても多く見られます。

 

前述のようにマリリンモンローのタトゥーを彫ってほしかったのにも関わらず、誰だかわからないような人物像を彫られてしまってはたまったものではありません。
しかも、レーザーや皮膚切開などの手術を行わなければ永久的にその失敗したタトゥーが消えることもありませんから、それだけ痛みや費用もかかってしまいます。

 

また、タトゥー除去に関するニュースとして、話題の子だくさんパパ・ビッグダディの元妻である美奈子さんがタトゥー除去について悩んでいるということも報じられました。
バラエティ番組で背中にタトゥーがあることをカミングアウトした美奈子さんですが、やはりお子さんと銭湯やプールに行けないなどさまざまな理由から、タトゥー除去を望むように。
しかし、完全にタトゥーを除去するためには非常に膨大な費用がかかってしまうということや、年月がかかること、子どもを抱っこすることもできないとの理由からタトゥー除去を延期したのだとか。

 

これについても番組のスタジオや美奈子さんのブログでは賛否両論が飛び交っているそう。
簡単に除去することもできない、タトゥー除去を延期したその間はまたお子さんとプールに入ることもできないなど、いろいろな苦しみもあります。
安易な気持ちでタトゥーを入れることのないよう、除去を含めさまざまな覚悟が必要となるのです。

 

【参考URL:http://www.j-cast.com/2014/01/07193588.html?p=all】

口コミ